KLM

ローディング中...

ぼくのお気に入りの場所にあなたをお連れします

ご機嫌いかがですか?ゴッホです。最近、KLMオランダ航空の直行便で、日本からオランダに帰ってきました。今日はあなたを、ぼくのふるさとオランダのお気に入りの場所に案内させてください。おいしいレストランやバー、美しい景色、オススメの日帰り旅行先など、オランダにきっと夢中になるはず…。

Van Gogh Museum

ゴッホ美術館

ぼく、ゴッホの作品を中心に絵画200点・素描500点以上を所蔵する美術館です。生きている時は一枚しか売れなかったですけど...。

この美術館には「ひまわり」「ジャガイモを食べる人々」や日本の文化に影響を受けた「花魁」などぼくの自信作をたくさん置いてもらっています。弟テオとの昔の手紙も読めますよ。あ、あと少し先なのですが大事なお知らせがあります。たくさんの作品と一緒に、ぼくと日本のつながりを紹介する「ゴッホと日本展」が2018年3月24日からここで見られます。ぜひ日本のみなさんにじっくり見てほしいなあと思っています。

Museumplein 6, 1071 DJ Amsterdam +31 (0)20 570 5200

もっと知りたい?

オランダグルメを いただきます!

アムステルダムには洒落たカフェから、ラグジュアリーなバーまで人気スポットが勢ぞろいです。ぼくと一緒にワインはどうですか?

素材の味を活かし、スパイスやハーブをきかせた調理法が、オランダ料理の特徴です。特にオランダ流パンケーキ、パンネクックは帰郷したら絶対にハズせない一品。オランダでは若者向けのスタイリッシュなカフェから、多国籍なレストランまで幅広くいろんな料理が楽しめます。

Noorderlicht Cafe

ノーダリヒト・カフェ

ビニールハウスのような外観が特徴的な、運河沿いのカフェ・レストランです。晴れの日は、太陽の光がさんさんと輝いて、とても美しい。夜はたき火が人々の笑顔を優しく照らし出します。運河をぼんやり眺めながらワイン...ぼくの大好きなひと時です。

NDSM-Plein 102, 1033 WB Amsterdam +31 (0)20 492 2770

Blauwe Theehuis

ブラウ・テーハウス

ゴッホ美術館のあるミュージアム広場の北西、フォンデル公園の中心にあるカフェです。散歩に疲れたら、ちょっとした休憩にパーフェクト。ヨガクラスや映画ナイト、クラブイベントなど、カフェの域を超えてたくさんのイベントが開催されています。

Vondelpark 5, 1071 AA, Amsterdam +31 20 662 0254

Cafe Stork

カフェ・ストルク

中央駅対岸の運河沿いにある、魚介料理専門のカフェ・レストランです。広々としたスペースで、新鮮なシーフード料理を楽しめます。ここは運河からフェリーに乗って、徒歩で20分ほどの場所にあります。ぼくは散歩中にいろいろ考えてしまうので40分かかります。

Gedempt Hamerkanaal 201, 1021 KP Amsterdam +31 (0)20 634 4000

旅のヒント

ディナーは予約を忘れずに!天気がいい日は運河沿いの席を狙いましょう。川のせせらぎと優しい照明がムードを盛り上げてくれます。

Pllek

プレック

中央駅からフェリーで20分ほどゆらゆら揺られてから、歩いて5分の所にある、大きな大きなレストラン。以前造船所があったところを改造して出来たスペースで、モダンでスタイリッシュな雰囲気は若者に人気です。人口の砂浜で日光浴もOK。都会の喧騒から離れるために、ぼくも時々ここにやってきては心地よい風を感じています。

TT Neveritaweg 59, 1033 WB Amsterdam +31 (0)20 290 0020

Cafe de Ceuvel

カフェ・デ・クーフェル

汚染された造船所跡を一つの環境に優しい持続可能な「村」としてリノベーションしたのが「De Ceuvel」です。もともとはアーティストのために生まれた村ということもあり、ここのカフェは開放感が抜群。ほら...今日も遠くの方で美しいギターの響きが聞こえてきます。

Korte Papaverweg 4, 1032 KB, Amsterdam +31 (0)20 229 6210

Brouwerij 't IJ

ブルワリー・ヘット・アイ

ドラフトビールは好きですか?ぼくはワイン派ですが、ここのクラフトビールは好みです。醸造所見学も行っているので、興味がある人は是非トライしてみてください。おつまみのサラミとチーズでいただくビールは格別の体験です。でも飲み過ぎには、十分気をつけてください。ぼくは飲み過ぎるとテオにたくさんメールをしてしまう癖があるみたいです...。

Funenkade 7, 1018 AL Amsterdam +31 (0)20 261 9800

オランダをプチ冒険

見所いっぱいのオランダ。その中でもぼくの心を刺激してやまないオススメスポットを紹介します。

街の間を縫って流れる運河、数え切れないほどのミュージアムにギャラリー、新しい街のあり方を提案するイベントスペースにナイトクラブ。アムステルダムの街をサイクリングしていると、いつも何かフレッシュな魅力が見つかります。さあ、一緒に出かけましょう。

De school

デ・スホール

オランダには世界のクラブシーンをリードするクラブやパーティーがたくさんあります。ここはそんな中でもとてもユニークなクラブ。人が近づかないような学校跡地をリノベーションしていて、ナイトイベントだけでなく、オープンスペースとして日中も展示会やアートブックの販売など幅広く活動を行っています。

Dr. Jan van Breemenstraat 1, 1056 AB Amsterdam +31 (0)20 737 3197

Roest

ルースト

アムステルダム東港湾地区にあるイベントスペース。外はまるで都会のビーチ。とてもリラックスした雰囲気です。また映画上映やライブミュージック、アート展なども開催されています。ぼくは以前から光にとても心を惹かれていて、この夜の街のまばゆさを、いつか描いてみたいと思っています。

Jacob Bontiusplaats 1, 1018 LL Amsterdam +31 (0)20 308 0283

Pekmarkt

ペクマルクト

毎週水・金・土にオープンしている青空市場です。地元の新鮮な食材や雑貨がたくさん。活気あふれる雰囲気を味わうだけでも、とても興味深いと思います。金曜日のファーマーズマーケットでは生産者の人にお話を聞くのも楽しいです。ぼくは以前会話に白熱して注意されたことがあります。

Van der Pekstraat, 1031 Amsterdam +31 (0)20 737 1412

旅のヒント

市場といっても食材だけでなく、オランダならではの工芸品やアクセサリーも販売されています。掘り出し物のお土産を見つけに行くのも面白いですね。

Blue Boat

ブルーボート

水の国オランダに来たからにはやっぱり、世界遺産にも認定されたアムステルダムの美しい運河をめぐりたいですね。ぼくのオススメは夕暮れクルージングです。ピンク色に染まった空と街並みを水の上から眺めるのは、とびきりロマンチックだと思いませんか。

Stadhouderskade 30, 1071 ZD Amsterdam +31 (0)20 679 1370

Van Gogh and Japan

ゴッホと日本展

少し先ですが、2018年3月23日~6月24日の間、ゴッホ美術館でぼくと日本のつながりを紹介する「ゴッホと日本展」が開催されます。ぼくがどうして日本の絵に憧れ、そこから得たインスピレーションをいかに自分の作品に取り入れたのかを紹介していきます。詳しい情報は下記リンクからチェック。

Museumplein 6, 1071 DJ Amsterdam +31 (0)20 570 5200

EYE Film Museum

アイ・フィルムミュージアム

建物が目の形のようだからEYE(アイ)と名前が付けられた映像ミュージアムです。映像・映画にまつわる様々なアトラクションで楽しむことができます。近代的な建築デザインもとても刺激的です。開放的な雰囲気のカフェも疲れを癒すのにぴったりです。関係ないですが、ぼくは最近自撮りにハマっています。

IJ Promenade 1, 1031 KT Amsterdam +31 (0)20 589 1400

日帰り旅行を極める

オランダには魅力的な地方の町がたくさんあります。あ、あとゴッホにまつわる場所を訪ねてくれたら嬉しいです。

ぼくの生まれ故郷ズンデルトや、両親と過ごしたヌエネン、風車が美しいキンデルダイクなど、ぼくが是非行ってもらいたい日帰り旅行の町やスポットを紹介します。やっぱりオランダに帰ると、色々な思い出が自然にあふれてきて、ノスタルジックな気持ちになります。

Kinderdijk

キンデルダイク

世界遺産にも登録されている19基の風車群が見られるキンデルダイクは、ロッテルダムからウォーターバスで行くのがオススメです。ここはどこを切り取っても絵になりますよ。ぼくも風車をモチーフにいくつか作品を描きました。なぜ人々にとって風車が必要だったのかと考えると、また見え方も違ってとても興味深いです。

Kröller-Müller Museum

クレラー・ミュラー美術館

ヘレンさんという熱心な美術収集家による素敵なミュージアムです。ここには彼女が集めたぼくの作品やモネ、スーラ、ピカソ、モンドリアンの絵が飾られています。屋外で絵を描くのが好きなぼくは、大自然に囲まれたアートを眺めながら散歩できる、彫刻庭園が特に気に入っています

旅のヒント

美術館はオランダ最大の国立公園のなかというとびっきりの場所にあります。園内に無料の白い自転車があるので、サイクリングを気軽に楽しんでみてください。

Nuenen

ヌエネン

ぼくは以前ここに両親と住んでいました。 当時は仕事も恋愛もうまくいかなくて...。その時の家がまだ残っています。公園にはぼくの像が置いてあって、通る度に一緒にセルフィーを撮るようにしています。この村で描き上げた「ジャガイモを食べる人々」は自分でも自信の一枚です。

Zundert

ズンデルト

ぼくが生まれた村です。ぼくが生まれた家の跡地にはフィンセント・ファン・ゴッホハウス(Vincent van Goghhuis)があり、ぼくの思い出がつまったものがたくさん紹介されています。毎年開催される「ダリアの花パレード」もタイミングが合えば是非参加してみてください。

旅はやっぱり快適に

KLMオランダ航空なら唯一の直行便でオランダへ

オランダに帰る時は、KLMと決めています。日本(東京・大阪)からオランダへ唯一の直行便が便利。機内はオランダを感じられるデザインで居心地がいい。

フライトを予約する

アムステルダム・スキポール空港を遊びつくそう

スキポール空港を、ただフライトだけで済ますのはもったいないです。一般の人は入ることができない場所に行ける施設見学や、テイクオフが目の前で見られるパノラマテラス、バラエティ豊かなショッピングエリアなどを楽しみましょう。

空港についてもっと知ろう

コンサヴァトリアム・ホテル に泊まろう

アムステルダムの歴史ある音楽学校をリノベーションして生まれた、コンテンポラリーなデザインが特徴の「コンサヴァトリアム・ホテル」。ロケーションもミュージアム広場の近く。ゴッホ美術館もすぐそこです。

部屋を予約する

ゴッホがオランダのどこにいるかを当てて、KLMで行くオランダペアの旅を手に入れよう!

10月23日から28日までオランダ政府観光局のインスタグラムアカウント @orandaisuki にて、ぼくがオランダの写真を毎日投稿します。応募はカンタン。コメント欄にあなたの答えを残すだけ!

キャンペーンは終了しました。

応募方法

応募方法

  1. オランダ政府観光局のインスタグラム 「 @orandaisuki 」をフォロー
  2. 毎日投稿されるゴッホの写真に、彼が今オランダのどこにいるかコメントを残す。
  3. 毎日抽選でグッズをプレゼント! キャンペーンが終了したら、応募者の皆さまの中からさらに抽選で一人、グランドプライズを決定いたします。

グランドプライズ「KLMで行く、オランダペア旅行」内容 - KLMオランダ航空 航空券 日本(成田国際空港または関西国際空港)からオランダ・アムステルダムまでの往復エコノミー航空券2枚 - ホテル宿泊 アムステルダムのコンサヴァトリアムホテル3泊(ツインルーム) - アムステルダムのゴッホ美術館で2018年3月22日に開催予定の『Van Gogh & Japan Exhibition』へのオープニングセレモニーへのご招待 • ご旅行は上記オープニングセレモニーを含む日程となります。 • 航空券には諸税を含みません。航空券を利用できる日程には限りがあります。 • 予約および発券は2017年12月20日(火)までとさせていただきます。 応募規約 本キャンペーンへの応募をもって応募規約に同意されたものとします。本キャンペーンに応募された方の中から厳正なる抽選の上、当選者を決定いたします。当選者は、当選権利をご自身以外の第三者への譲渡、または換金することはできません。応募は日本在住の方に限らせていただきます。主催者はやむを得ぬ事情により、参加者への事前の通知なくして、キャンペーンの条件を変更する権利を有します。賞品の画像はイメージとなります。通信環境やお客様のコンピュータの状況、その他の理由によりご利用できない場合がありますが、当社はその責任を負わないものとします。画像およびテキストの無断複写・転載を禁じます。
「ゴッホと行こうオランダめぐり」キャンペーン事務局

グランドプライズ

KLMで行く、オランダの旅をペア でプレゼント。宿泊は5ツ星ホテル、 コンサヴァトリアムホテルにて。

またアムステルダムのゴッホ美術館で2018年3月22日に開催予定の『Van Gogh & Japan Exhibition』へのオープニングセレモニーにご招待いたします。

毎日当たるプレゼント

  • 30 x

    東京で開催の「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」の入場券

  • 10 x

    ミッフィー x ゴッホコラボレーションバッグ

  • 10 x

    aruco オランダガイドブック

  • 5 x

    KLMの飛行機プラモデル

  • 5 x

    映画『ゴッホ~最期の手紙~』の鑑賞券

映画の詳しい情報はこちらから!